Archive for the ‘祭り・イベント’ Category

島忠ホームズ11月28日オープン

火曜日, 11月 19th, 2013

足立区に隣接していた旧武田薬品跡地に建設された「島忠ホームズ」のオープンが11月28日に決定したようだ。テナントとしてはいるORIHICA(AOKI運営)が近隣に配布したダイレクトメールから明らかとなった。朝10時オープン。

島忠ホームズの店名は「草加舎人店」。足立区民としてはなんだかなぁのネーミングだし、隣接する川口市民も待望していたので、こちらの住民にとってもなんだかなぁなネーミング。さすが「シマホ」と「スマホ」と混同させるというイメージ戦略にもならない島忠らしさが透けて見える。いっそ「シマチュウ」とすれば「ピカチュウ」みたいで親しみが湧くというものを。

通りの名物 赤羽家長屋門で消防訓練

木曜日, 1月 26th, 2012

1月26日の文化財防火デーを前にした25日、足立区指定文化財である赤羽家長屋門(島根4)で、消防演習が行われた。

<平成24年1月25日(水) 足立よみうり新聞より>

西新井大師北のアンダーパスから四号線(日光街道)まで抜ける通りで、ひときわ目につく「大門」が赤羽家長屋門。わたしとしては、道を挟んで反対側の「東洋工罐」の社屋もまた「文化財級」なのですが。

「成人の日の集い」に新成人6055人が参加

木曜日, 1月 12th, 2012

 足立区の「成人の日の集い」は、今年も公募による新成人8人でなる実行委員会が主導した。新成人は6055人(昨年12月1日現在)で、出席率は51・52%(3120人)だった。
<足立よみうり 平成24年1月10日(火)より>

新成人の参加率と総数の少なさにビックリ。ちなみに筆者のときから綾瀬の「東京武道館」が新成人の集合場所となりました。前年までは足立区を4ブロックに分割して、区役所などそれぞれ指定の施設に集まったものです。ただ「式」に参加する人は圧倒的に少数。記事には新成人の手により運営されているようなので、我々の時代の「お仕着せ」とは違うようですが、当時の若者を一箇所に留めておくことは困難で、記念品だけ貰ってとっとと帰ったことを覚えています。

もちろん「荒れる成人式」など論外。当時は「学生」をやめて暴れれば警察沙汰=失職、あるいは親方や兄弟子に半殺し、だから20才になれば「落ち着いた」ものです。

ダイヤモンド富士のベストビューポイント

木曜日, 1月 12th, 2012

 ダイヤモンド富士が見えるチャンスが間もなく到来します。
 場所は舎人公園の「ゆうひの広場」。ソリの滑り台の上にある高台で、ここの下は日暮里・舎人ライナーの車両基地となっています。
 ここから年に2回1月と12月に、夕日が沈む位置と富士山が重なり「ダイヤモンド富士」となります。ただし、天気が良ければ。

 もっとも早いタイミングは2012年の1月19日(木)の午後4時40分頃。

 足立区南西部の都市農業公園の土手からも見やすいのですが、もうひとつの「ダイヤモンド富士」隠れスポットを紹介します。それは「ライフ竹ノ塚店」。西伊興に昔からあるライフの屋上駐車場からも富士山はばっちり。ただし、駐車場なので自動車にはご注意を。

キデンキくん柳原商栄会

月曜日, 1月 9th, 2012

 木の電柱に付いていた昔懐かしい傘付き裸電球の街灯をモチーフにしたキャラクター「キデンキくん」の根付を、東京都足立区の柳原商栄会が作った。
<MSN産経 2012年1月9日より>

こういう商店の取り組みは嫌いじゃありません。頑張って欲しいものです。東京電機大学も来て賑わう・・・かも知れません。ただし、足立区のキャラの多さには憤慨します。ハッキリ言えば無駄。
そしてそれを「図鑑」にするあたりに定着しなかったキャラクターへの反省が見られません。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/chara/chara-index.html


あだち生活どっとこむ
足立区のお店情報、イベント情報の老舗「あだち生活どっとこむ」
キルコート
塗るだけで断熱強化
お宝物件をお探しなら「だるま不動産」にご相談ください 電気工事ならワイズ電気
電気工事なら足立区で生まれ育ったワイズ電気
日整工業
家庭用リフト・破砕機なら足立区の日整工業にご相談ください